インドで起業!徳地佑悟のマハラジャ日記

デリシャスタ株式会社 公式ブログ

インド ムンバイで初美容院に!

こんにちは!徳地佑悟です!

インドに来て早2か月、だいぶ髪が伸びてき、妻に白菜頭呼ばわりされるようになってきたので、インド初★美容院に行ってきました!

 

ほんとは道端のおっさん達の美容院に興味があったんですがw、

初っ端としてはチャレンジすぎるかと思い、ショッピングモール「フェニックスマーケットシティ」 にある、ムンバイで流行りの美容室チェーン店[JUICE]に行ってきました!

 

https://www.phoenixmarketcity.com/mumbai/service/juice-salon

http://juicesalon.in/

 

平日午後5時頃に行きましたが、特に予約なしですぐカットしてもらえました。

当時店内には、スタッフはネイリスト含めて4人程、客はネイルにインド人女性客1人と、ヘアに白人女性が1人という状況でした。

 

日本同様、美容師のレベル(スタイリスト→シニアスタイリスト→アートディレクター→サロンディレクター)に合わせてカットの値段が上がっていくようです。

 

店内にはスタイリストとシニアスタイリストしかいなかったため、シニアスタイリストにカットお願いをしました。

シニアスタイリスト:カットのみで、980ルピー

 

日本では5000円くらい掛けていたので、3分の1ほどの値段。。。果たして結果はいかに!?
以下レポートです
 

1.希望のスタイルについては、自分の昔の写真を見せた所、シニアスタイリストのお姉さんは「オッケー」との返答。

基本的な英語のコミュニケーションには問題なし。

無料でドリンクもくれる。グリーンティーを選択。砂糖なしの日本茶に近いグリーンティー!!二重丸◎!!

 

2.シャンプー台に移動。カットのみのオーダーにも関わらず、カット前のシャンプーもしてくれる。
普通のシャンプーか高いシャンプーか聞かれ、追加料金のかからない普通シャンプーを選択。

するとシャンプーは、シニアからノーマルスタイリストの兄ちゃんにチェンジ。
「インドのシャンプーは乱暴」と聞いていましたが、乱暴に引っ張られたり、耳に水が入ることもなく、しっかり頭皮マッサージまでしてくれた。なかなか快適!

 

3.はさみをあまり使い慣れていないないのか、’つまんでチョキ、つまんでチョキ’とゆっくりなペース。

最後にすきばさみを使ってくれと頼んだが、すきばさみを使う習慣がないようで、普通のハサミで細かい調整を進める。

完成!

f:id:delicioustar:20161120155428j:plain

 

 

期待以上の出来栄え、値段まで考えるとまずまずで合格点ではありましたが、「ここに落ちつこう!!」というまでのしっくり感がなかったのも事実。しばらくインドでの美容室ジプシーは続きそうです。。。

今度はまた別の所にチャレンジしようと思いますw