インドで起業!徳地佑悟のマハラジャ日記

デリシャスタ株式会社 公式ブログ

ムンバイで100回以上Uberに乗った男が語る、Uberを見つけるコツ

約一ヶ月半のインド・ムンバイ滞在中に100回以上Uberを使いました。Uber24時間ドライバー付きの専用車を持っている方以外には、必須のインストールアプリです。

 

既にご存じの方がほとんどと思いますが、Uberとはアプリ上で現在地と場所を指定すると空車のタクシーがマッチングし、そのタクシーに乗車する事でキャッシュレスで目的地に到着できるサービスであります。なお、金額は実走行距離でクレジットカードに請求されます。(勿論現金払いも選べる。)

 

値段交渉必須で、行き先の説明が素人には劇難しいローカルタクシーと比べると天と地の差のまさに神サービスですが、マッチングしたタクシーを探し出すのが大変な場合があります。今回はそのマッチングしたタクシーを効率的に探すためのコツをご紹介します。

 

なお、携帯電話で通話ができるとタクシーを探す難易度が格段に下がります。そのため、現地SIMの携帯電話をゲットしましょう。お金に余裕のあるか他はローミングした日本の携帯でもOKです。

 

ムンバイでのSIMカードの買い方についてはこちらをご参照ください。

 

delicioustar.hatenablog.com

 

 

電話がない場合

1.マッチングしたら5分以内にキャンセルするかどうか判断する。

マッチングから5分以内であればキャンセル料が無料ですが、5分後以降はキャンセル料60ルピーが発生します。マッチング後、必ずタクシーが自分の近くに動き出すか確認し、5分以内にキャンセルを行うかどうか判断しましょう。

 

2.車種とナンバーを確認する。

自分とマッチングしたタクシーを探すために車種とナンバーを確認しましょう。前を通り過ぎる、Uberの車はほとんどが、車の側面にも黄色に黒字でナンバーが書かれています。その際は、車種とナンバーをチェックしましょう。なお、Uberの車は側面にもナンバーが記載されている事が多いので、そのような車を重点的にチェックしましょう。

 

3.車の移動が止まったら自分で探しに行く

Uberの車はピックアップポイントに近づくとパーキングして待っている事が多いです。アプリ上で車の移動が止まったら、自分から探しに行きましょう。

 

 

電話がある場合

1.マッチングしたらすぐに電話をして、待っている場所を確認する。

マッチングしたら、すぐに電話をしてここで待っているからねー!と意思表示をしましょう。たまに、電話がかかってくるまで近くに来ないドライバーも居ます。なお、電話してもつながらず、5分以内に相手が近づいてくる気配が無い場合には、キャンセルをしましょう。

 

2.大通り沿いにいる場合

できる限り、なにかランドマークになりそうな建物の前に移動して、ドライバーさんに「○○××!!ウェイティング!!」と電話で叫びましょう。

 

3.モールで待っている場合。

モール内のエントランスか、モールの前の大通り沿いのどちらで待っているのかを伝えましょう。「○○モール!インサイドエントランス!又はアウトサイド!」でたぶん通じます。

 

4.それでも見つからない場合

GPS上で近くに来たら、自分の足で探しに行きましょう。

 

自分とマッチングしたタクシーを探すまで若干時間がかかると事がありますが、いったん乗った後は目的地まで特にドライバーさんと話さずにたどり着けます。