インドで起業!徳地佑悟のマハラジャ日記

デリシャスタ株式会社 公式ブログ

グーグル翻訳の限界

飽きっぽい性格からか、いままで三カ国語ほど勉強してきた。しかし、グーグル翻訳も進化したし、これ以上新しい言葉を勉強する必要はないかと考えていたが甘かった。インドに来てからというもの、グーグル翻訳アプリでうまくヒンディー語コミュニケーションを取れた事が一度も無い。

 

これは、グーグル翻訳の翻訳精度に問題があるわけでは無い。むしろ翻訳はかなり正確で、英語で私が話してグーグル翻訳されたヒンディー語の文章を棒読みするとたいてい話は正しく伝わる。

 

ただし、双方向でのコミュニケーションとなると一気に難易度があがる。原因はインドにおいてヒンディー語しか分からない階層の人々は多くの場合①スマホの操作方法がわからず、②むちゃくちゃなまった発音でスマホに話しかけるため、音声認識が正しく行われない。(もっと優しく話してくれればいいのに、なぜか、こういうときに限ってダミ声で超大声を出してしゃべってくれる。)

 

その結果、以下の様に事前にグーグル翻訳でイエスかノーかまたは数字で答えられる単文を翻訳しておいて、スタッフの前で大声で読み上げる事になる。(でかい声を出した方が小さい声よりも通じやすい。)

  1. 今日は遅刻したので給料から差し引くね。
  2. 明日は来るのか?  イエス or ノー?
  3. 明日は遅刻しないでください。

翻訳精度は飛躍的に向上しているにもかかわらず、その使い方を人が理解できないため、極めて原始的な方法でしかコミュニケーションが取れないのがもどかしい。

 

優秀なAIがどんなに増えても、その使い方を人々に伝える仕事が増えるので、意外にAIに仕事が取られる以上に新しい仕事が次々と産まれるのではなどと考えながら、英語の通じないスタッフにグーグル翻訳で翻訳したヒンディー語を今日も読み上げている。

 

 

ついに!!!インド現地法人設立!

こんにちは、徳地佑悟です!

 

皆さまにご報告があります!
ついに、インド現地法人の設立が完了しました!

 

昨年10月末にインドに来てから、早3か月・・・やっと設立。

長かったです。。。

 

元々は、1か月半ほどで12月半ばには設立完了予定と言われていたのですが、

現在すでに2月。

 

結局、当初言われていた期間の2倍、3か月を所要した事になります!
「インドの事務処理は遅い」と色々な方から聞かされていましたが、
身をもって実感したのでした。

 

インドの現地法人名は、TOKU ENTERPRISESです!

『食を通じたエンターテインメントの提供』をモットーに、邁進して参りますので、

日本のデリシャスタ株式会社共々、よろしくお願い致します! 

 

 

 

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます、デリシャスタ徳地佑悟です。

 

12月下旬は出張があったりバタバタとした日々が続き、前回の日記更新から、かなり期間が開いてしまいました。
年末は帰国できませんでしたが、冬季休暇を利用して日本から来た友人の救援物資のおかげで、お餅を食べたり、日本と変わらない充実したお正月を過ごす事ができました。

 

最近は、インドでの会社の法人登記の完了を待つ傍ら、お米の研究をしています。

和食店を経営するうえで、お米は最も重要な食材のうちの一つですが、インドでは日本米がほぼ手に入りません。

 

日本産やインド産のお米だけでなく、タイ産の日本米を5種類くらいや、
日本米に近いといわれているミャンマーのシャン族のお米、インド在住日本人におなじみのカリフォルニアKOKUHO米、インド在住韓国人から勧められたインド産もち米等、、、
様々なお米を3種類ぐらいずつ毎食食べ比べる日が続いています。

 

f:id:delicioustar:20170109194410j:plain

 

比べる前には日本米がダントツで一番美味しいのではないかと思っていましたが、
日本産あきたこまちとタイ産の日本米ササニシキを比べた際、ササニシキの方が個人的に甘くて柔らかく美味しく感じました。
タイの日本米もかなり品質が向上してきているようです。

 

研究がもっと進んだら、インドで入手可能なお米のランキングでも作ってみようと思います。乞うご期待!

 

 

 

 

【イベント告知】12/16~17『The Bandra Gymkhana~Christmas Bazzar』

こんにちは!デリシャスタの徳地佑悟です。

 

次回のイベントのお知らせです。
12/16(金)~17(土)の2日間、『The Bandra Gymkhana~Christmas Bazzar』に出店します。

 

【開催概要】バンドラジムカーナ クリスマスバザール

http://thebandragym.com/

 

日時:12月16日(金)~17(土) 18:00~深夜まで

住所:Tennis court, 42, St Andrew's Road, D'Monte Park Rd, Bandra West, Mumbai, Maharashtra 400050

入場料:200Rs.

 

●出品メニュー:どら焼き、どら焼きアイス

 

ガス及び電化製品の使用にかなり制限があるため、基本的に調理無しのメニューです。

 

12月の夜は涼しく、屋外でのイベントにはもってこいの季節です。
ぜひぜひよろしくお願いいたします!

【お礼】お好み焼きイベント大好評で終了いたしました!

お久しぶりです!デリシャスタの徳地佑悟です。
お好み焼きイベント中、そしてイベント後もしばらくドタバタが続き、更新が滞っておりました。

 

先日11/24~30の一週間、ムンバイのBlue pot restaurantにて行われた[Japan street food festival]、おかげさまで大好評のうちに終了いたしました。

(→開催概要は前の記事をご覧ください。

11月24〜30日お好み焼きイベントをムンバイのブルーポットレストランで開催します! - インドで起業!徳地佑悟のマハラジャ日記 )

 

 

f:id:delicioustar:20161210010241j:plain

 

イベント期間中、多くの方々にご来店頂きまして、誠にありがとうございました。


中には、5回、3回とご来店いただいた方々、「お店をオープンしたら教えてほしい」と名刺を下さった方等、身に余る光栄でございました。
本当に、ご来店頂いた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

序盤のオペレーションや、レシピや調理方法の改善等、まだまだ多くの反省点がある状態で、お客様に申し訳ない気持ちもありますが、色々な事を学ばせて頂いた濃い一週間でした。
これを糧に、更にデリシャスタは成長することをお約束いたしますので、これからもよろしくお願い致します。

 

 

f:id:delicioustar:20161210010135j:plain

 

※新聞にも記事を載せていただきました

 

インドから日本へ郵便小包を送ってみた。

 こんにちは!徳地佑悟です
妻からインドのオーガニック化粧品や食品を送るよう頼まれ、郵便局に行って国際小包を送ってきましたので、そのレポートです。

 

①局員さんによる、内容物のチェック

インドでは局員さんによる内容物チェックが必須です。

日本で送る感覚でテープで閉じてしまうと、開けられてしまうので、
箱の蓋は閉じずに持っていきましょう!

 

液体は基本的にNGで、ここで弾かれます。

しかし、’基本的に’というのがポイントで、
「ヒマラヤハーバル」社の化粧品は液体でもALL OKとの事。なんじゃそりゃ。

(ちなみに「BIOTIQUE」社はボディクリームはOKでしたが、化粧水は弾かれました。また、オーガニックごま油もNGでした) 

 

こ液体~クリーム状のものについて、何から何までがOKなのか、
郵便局ごと、担当者ごとにかなりバラつきがありそうです。

 

むむむ。さすがこのアバウトさはインド!
おばちゃんと仲良くなって、大目に見てもらうしかないですね!

f:id:delicioustar:20161124004342p:plain

 

 

②中身チェック合格後、梱包へ!

 

インドの郵便局で海外発送する場合、全ての荷物は白い布で包む必要があります。

 

 郵便局の外には、仕立て屋のおっちゃんが常に待機しています。

梱包代は120ルピーでした。結構します。。。

手際はよく、所要時間5分ほどでした。

f:id:delicioustar:20161124005206p:plain

 

③受付。

梱包完了後、建物の外にある監獄の様なカウンターへ。 



f:id:delicioustar:20161124010016p:plain

 

カウンターのお姉さんに代金を支払い、完了!!

3424gで、1331ルピーでした!

 

 

 

トータルで発送までの所要時間40分ほどでした!

 

 

ーーーーーーーーー

9/23に発送し、9/29に到着しました・・・が!!

(インドから出るまでに7日位かかって、日本に入ったらあっという間でした。
さすが日本!!)

発送時には無かったはずの謎の10㎝程の大きなシールが!嫌な予感!

f:id:delicioustar:20161124011503j:plain 


開けてみると、箱はぐちゃぐちゃ

f:id:delicioustar:20161124011606j:plain

そして表面には、ちょうどシールが貼ってあった下あたりに、謎の穴!

f:id:delicioustar:20161124011827j:plain

 

f:id:delicioustar:20161124011900j:plain

 

 

f:id:delicioustar:20161124012005j:plain

 

どうやらこのオーガニック小麦粉が怪しまれ、
税関でチェックされたようです。おそらくインド側。

 
おかげで中身は全部小麦粉まみれで真っ白!

 

皆様、粉類をインドから送付の際はお気を付けくださいw

 

 

インド法人設立までの道 ①計画編

現在、進行中のインドにおける現地法人設立プロセスに関して記録を残しておこうと思います。全部で以下の4部構成になる予定です。

  1. 計画編
    法人設立目的、会計事務所の選定、設立する法人の種類
  2. 準備編
    日本で必要な資料の準備
  3. 登録編
    現地に資料を送ってから、法人登録までに必要な処理
  4. 事後手続き
    口座開設、輸出者コードの登録等々

 

ーーーーーーーーーーーーーーー↓↓ここから計画編ーーーーーーーーーーーーーーーー

それでは、一回目の計画編を始めます。

 

法人設立の必要があるか?

私は飲食店を開業するために、法人を設立使用と考えています。一般的に、インドで飲食店を開業するには以下の3パターンの方法があります。

  1. パートナー名義orパートナーの法人名義で事業を行う。
  2. パートナーと共に新しい法人を作る
  3. 自分の法人を作る。

私は天の邪鬼な性格のため③で行く事にしましたが、通常は①か②で進めるケースが良いようです。③と比較した場合の①と②のデメリットはパートナーに騙されたり、途中で喧嘩したりして、お金を失う事だけです。そのため、信頼できるパートナーが居る場合には①か②の方法で進めた方が良いようです。

 

事前準備

会計事務所を選ぶ前に事前準備として、以下の本を何度か読みました。2013年にインドでは会社法の全面改正が行われているため、必ず2013年の改正内容が盛り込まれている書籍を購入しましょう。

インドの投資・会計・税務ガイドブック〈第3版〉

インドの投資・会計・税務ガイドブック〈第3版〉

 

日本人のコンサルさんや、会計事務所の方は信頼できる方が多かったですが、現地のコンサルさん、会計事務所さんの中には本に書いてあることと全く異なった説明をされる方もいました。こちらの本の「第6章拠点設立の手続きと留意点」を頭に入れておくだけでも、ある程度業者のスクリーニングを行う事ができます。

 

会計事務所の選定

会計事務所は大きく分けて以下の3通りあります。

  1. 日系の会計事務所     30~50万ルピー
    日本語対応可、日本人の申請になれているため、指示が的確。
  2. インド人の会計事務所   6〜10万ルピー
    英語対応可、外国人の申請に慣れていても、日本人が申請を行う際に必要な書類に関して詳しくない場合がある。対面で打ち合わせできるので色々聞ける。
  3. オンラインサービス    2万ルピー前後
    英語対応可能、スカイプでチャットしながら進める事ができる。

かなり値段にばらつきがありますが、サービスが異なるため、自分に最も合ったものを選択するのが良いと思います。

私は、コストは極力落としたいが、現地の会計・税務のルールについて色々説明を聞きたかったので、②を選びました。③の会社とも何社かコンタクトを取りましたが、外国人の申請に関しても詳しい担当者が居る会社もありました。とりあえず法人の設立だけ行いたい方は③が最もコスパが良いと思われます。

 

法人の種類と形態

基本的に私と妻のみの取締役、株主構成にて法人を作る予定です。

 

法人の形態: 現地法人(Private Limited Company)

取締役:   自分(代表権保有)、妻、会計事務所の人

株主:    自分、妻

 

なお、取締役に会計事務所の人が含まれています。この理由は、インドの会社法上、法人の取締役の内最低一人が、前年度に最低182日以上インドに滞在している必要があるからです。なお、この年度はインドの会計年度である4月〜3月で計算されます。

私の場合、来年の4月にこの基準をクリアする予定のため、来年の4月以降は取締役が私と妻のみになる予定です。